チンチン電車2

フロントページ 

 

第2回『チンチン電車に乗って「土屋先生」と缶入りウイスキーを飲もう!』

〜缶入りウイスキーを片手にチンチン電車に揺られて2時間半の旅・・・〜


828日(土)の衆議院議員選挙前日の曇り空、

一人の欠席者もない全員参加でした。1337分発車です。

出発進行!




スコッチ文化研究所代表の土屋守先生のあいさつです







そして缶入りウイスキーで「プシュッと開けて!乾杯!」

串カツは新世界のジャンジャン横丁名店の「八重勝」さんです。




今回の飲み比べの7種の缶入りウイスキーたちです。


「帝塚山3丁目」駅で一時停車して、

「カタオカベーカリー」さんのサンドイッチと菓子パンを

「ウイスキーキャット」さんに
取りに行っていただきました。

この帝塚山3丁目はニッカの創業者竹鶴政孝さんが

スコットランドからの帰国後、一時住んでおられました。

ここからほど近い現「桃山学院高校」の科学の先生を

されていました。

そしてこの日は偶然にも竹鶴政孝さんの30回忌の日でした。

このイベントにはウイスキーに関わる全方向の関係の人が
集いました。
先ずはお店でウイスキーを扱うバーテンダーさん。


北新地
BAR「樽」の和田さん。80歳。





北のBAR「オーガスタ」の品野さん。






ミナミのモルトパブ「ピトロッホリー」の佐々木さん。






ホテルバーテンダーリーガロイヤル「セラーズバー」の小林さん。





阿倍野のBAR「ブリーズ」の太田雅子さん。






昭和町のBAR「ウイスキーキャット」の吉村さん。






京都祇園のBAR「フィンランディア」の西脇さん。






大和川を越えると堺市です。







サントリーの元工場長の嶋谷さんの堺市の案内です。
ご協賛ありがとうございます。








 












































 






















































































 

アサヒビール株式会社箕輪部長さんです。
ご協賛ありがとうございます。



国分株式会社さんより協賛していただいた

トマーティン原酒サンプルです。



「トマーティン1975」「トマーティン1996
「トマーティンニューポット」を
みんなでティスティングしました。




お酒屋さんの「白木商店」の白木社長より個人的にブレンドした、

ウイスキーのご提供です。

今回も冷えた缶入りウイスキーをチン電天王寺駅に
配達していただきました。

W&SJの渡辺さんは「グレンファークラス105」を協賛していただきました。




ピトロッホリーさんより「マッカラン21年」を提供していただきました。




バー・ピーコートからは東京荒川区寺島酒店発売の

「都電ウイスキー」を提供いたしました。

その他参加されたお客様からもウイスキーのご提供していただきました。有難うございます。







 
 
 

「浜寺公園」駅にて20分の休憩です。



バー・ピーコートママが調べた

「缶入りウイスキー歴史講座」です。

缶入りウイスキーの誕生は1960年の

サントリー「ウイスタン」です。

来年2010年に50周年となります。

みなさん宴たけなわで誰も聞いていませんでした。


「我孫子道」操車場にて20分の休憩です。

集合写真「ウイスキー!」








無事に終点「天王寺駅」に到着しました。

皆様お疲れさまでした。

 





 

















 

缶入りウイスキーを協賛していただいたサントリー株式会社様・ニッカ株式会社様、

ウイスキーを協賛していただいた国分株式会社様・
W&SJ様、

ならびにご協力していただいたバーテンダー様、

協力協賛していただいたお酒屋さん白木商店様・
SakeShopSATO様有難うございます。

そして参加していただいたお客様有難うございました。



 NEW

「チンチン電車に乗って「土屋先生」と缶入りウイスキーを飲もう!」がWhisky専門誌「THE Whisky World」に4ページを使って掲載されました。バー・ピーコートもお店紹介にも掲載されているので、バー・ピーコートのネタでは5ページも割いています。嬉しいです。掲載誌はバー・ピーコートに置いていますので、ご来店の折にご覧ください。